ウェブサイト及びサーバー監視の プレミアム製品

Server Densityについて

Apacheの監視方法

Apache は、オリジナルのバージョンは1995年にリリースされ、多分、最も有名で、広く普及しているウェブサーバーであり、現在 多数のウェブサーバーに配備されています。 古典的なLAMPスタックの重要な一環として、ウェブサービングのアーキテクチャーの重要な構成要素であり、現在してやっていないのであれば、Apacheを監視する必要があります。

mod_statusでApache 監視を可能にする

ほとんどの Apache監視のツールは、mod_statusのモジュールの使用が必要です。これはデフォルトで含まれていますが、有効にする必要があります。Apacheの設定にエンドポイントを指定する必要があります。

<Location /server-status>

  SetHandler server-status
  Order Deny,Allow
  Deny from all
  Allow from 127.0.0.1

</Location>

これにより、サーバーでステータスのページがhttp://localhost/server-status にて利用可能になります。. 当社ではこの設定をするための完全がガイドブックがあります。 ExtendedStatusを確実に有効にして、すべての統計に完全にアクセスできるようにしてください。

コマンドラインからのApacheの監視

ステータスページを有効にして、上記のように機能していることを確認したら、リアルタイムでサーバーのトラフィックを監視するためにコマンドラインのツールを使用することができます。これは、問題をデバッグし、実際に発生するトラフィックを検査するのに役立ちます。

apache-top のツール はこれを実現するために、人気のある方法です。それは、例えば、apt-get install apachetop からだけではなく、Pythonの簡単なスクリプトのようにソースからダウンロードすることで時にはシステムパッケージとして利用可能です。

Apache監視とアラート – Apacheの統計

apache-topの使用はリアルタイムでのデバッグや、現在サーバー上で何が起こっているか調査するのに役立ちますが、一定期間の統計情報を収集したい場合には、あまり役立ちません。この場合に Server Density のような監視用の製品が役立ちます。当社の監視エージェントは、Apacheサーバーのステータスの出力を解析サポートして、秒ごと要望やアイドル/ビジー状態のWorkerに関する統計を提供できます。

Apacheにはいくつかのプロセスモデルがありますが、最も一般的には、サービス要求を待っている間に、ワーカープロセスをアイドル状態に保つことです。より多くの要望が来るに従って、より多くのWorkerが設定された最大限の状態になるまでに、それらを取り扱えるようになります。その時点で、要望は待ち状態に入り、ウェブへの訪問者は、遅延を経験します。これは、毎秒の生の要望の監視だけをせずに、どれだけアイドル状態のWorkerがあるか監視することも重要であることを意味します。

Apacheのアラート設定にアプローチするための適切な方法は、アプリケーションの経験するベースライントラフィックの種類やこれについてアラームを設定することです。アラートの例としては、統計が大幅に高い場合(突然のトラフィックスパイクを示す)や数値が極めて低いです場合(どこかでトラフィックを妨げる問題があることをを示します)があります。また、どのトラフィックレベルでいろいろと減速し始めたり、サーバーが過負荷になるといったことをサーバーをベンチマークできます。 – これは、アラートを発信することができるのにふさわしい上限とすることができます。

Apache監視とアラート – サーバーの統計

秒ごとの要望やWorkerの状態といったApache監視の統計は、Apache自体に注視するために役立ちますが、パフォーマンスはサーバーのオーバーロードでも影響を受けます。理想的には、独自の専用インスタンス上でApacheを運用していれば、他のアプリケーションとの競合を心配する必要はありません。Webサーバーは、一般的にCPUによって制限されているので、ハードウェアの仕様は、Webサーバーにできるだけ多くのCPU及び/またはコアを提供する必要があります。より多くのトラフィックがあれば、CPU使用率の増加し、特にApache workerがより多くのCPU時間を占有しているので、使用可能なCPUとコアに分散しています。CPUの%の使用率自体は、必ずしもアラーとのための有益な指標ではありません。それは、数値がCPUごとまたはコアごとになる傾向があり、多くのコアを持っている可能性があるためです。すべてのCPUやコアの中で、平均のCPU使用率の監視を設定する方が有益です。

Server Densityのようなツールを使用することにより、これを可視化でき、CPUがオーバーロードしている場合に通知を受けるように設定することができます。 – これらの指標を理解し、CPUアラートを設定するための当社のガイドブック が役立ちます。Linuxでは、すべてのCPU間でこの平均値は、平均負荷と呼ばれる別のシステム指標に抽象化されます。これは、パーセンテージではなく小数であり、例えば、CPUへのアクセスを待っているプロセス時間の長さなど、オペレーティングシステムの観点から負荷を把握することができます。平均負荷のための推奨のしきい値は、どれだけ多くCPUとコアを持っているかに依存します。 – 負荷の平均についての当社のガイドブック はさらに詳しく理解するのに役立ちます。

Apacheのリモート状態の監視

上記のすべての指標はApacheとそれが稼動するサーバの内部状態を監視しますが、ユーザーの経験を監視することも重要です。これは、外部の状態及び応答時間のツールを使用することによって達成されます。- Apacheインスタンスが世界の地域から(お客様がどこにいても)トラフィックにサービスを提供しているか、また応答時間のパフォーマンスを知りたいはずです。それにより、Apacheサーバの能力を増加させたり、また負荷分散クラスターに多くを追加することで、どの段階でより容量を追加する必要があるか知ることができます。Server Density のビルトインのウェブサイト監視.ようなサービスを利用するのが簡単です。カスタマイズされた場所から、パブリックURLと他のエンドポイントの状態を確認することができますし、パフォーマンスの低下や停電があった場合にアラートを受信できます。

これは特に自身のサーバーとベンチマークして、ある一定の負荷平均が、エンドユーザーのパフォーマンスに影響を与え始めるか知るりたい場合に、Apacheとリモート応答時間のサーバーの指標を相関させるグラフを作成するのに役立ちます。